つくる人に、未来をつくる力を。

ARTS PROJECT SCHOOLは
“個"をつなぎ、“全体"に挑む
5つの力を手に入れる場所

アーツプロジェクトは、まちや社会の歪んだバランスを創造的なプロジェクトでチューニングしアップデートする文化プログラムといえます。また、「私(個)」と「まち(全体)」を創発的に刺激し、社会関係資本を構築し、革新的なクリエイティブプロセスを生み出すことでもあります。

まちや社会のバランスを考えるとき、また、アーツプロジェクトを動かすとき、「人間力(ビジョンを描く力)」「美感力(気づく力)」「しくみ力(計画する力)」「環境力(つながりを生む力)」「自律力(運営する力)」という、5つの力が価値基準になります。

今、自分がいる場所(全体)は、「人間力」「美感力」「しくみ力」「環境力」「自律力」のうち、何が欠けているのか? どうすればそれを補えるのか? その問いかけは、プロジェクトそのものをつくる人(個)にも「ビジョンを描く力」「気づく力」「計画する力」「つながりを生む力」「運営する力」として向けられます。

ARTS PROJECT SCHOOLでは、実践的にプロジェクトを学ぶプロセスのなかで、“個"や“全体"に欠けている力と向き合うことになります。そして、歪んだバランスを補うために“個"をつなぐチームをつくり、5つの力を補完しながら“全体"に挑んでいきます。

――
ARTS PROJECT SCHOOL 統括ディレクター
中村政人