修了生の活動紹介

修了生たちはどのようなことを考えて受講を決めたのか?様々な学びや体験を経て、彼らの中にはどのような変化があったのか?そして修了後の彼らが、その後どのような活動を行なっているのか?その一部を紹介します。

1期生

柳原 まどか

(コマド意匠設計室代表、デザイナー)

BEFORE 秋田に帰りデザイン事務所を起業地域資源を活かした取り組みを思考中

AFTER 「事業やプロジェクトの最終目的地を一緒に考えながら、地域や他業種の方と協働することで、自分の仕事にも拡がりが見え始めました。」

「地域で働く」を一歩深めるために

東京の建築事務所で働いた後、秋田のアートNPOでの勤務を経て、2年前に北秋田市で独立した柳原さん。 「北秋田に4年住んで、地域に馴染み始めた一方、これからのことも見据えて今一度知識を深め、色々な刺激を受ける機会が欲しいと思い受講を決めました。アートNPOから運営を引き継いだオルタナティブスペースで行う企画の仕掛け方を勉強したいと思ったことも、きっかけの一つです。」

他者との協働で、プロジェクトが拡がる面白さを知る

グループでは主にデザインを担当。文章の得意な人、面白いアイディアを発案できる人、みんなの意見をうまく集約できる人。様々な個性との出会いは、今までの価値観を大きく変えました。
「今までは全て自分一人でやりたいという思いが強かったのですが、グループメンバーとの協働によって、他者に委ねることでプロジェクトが拡がりをもつことを実感しました。リソースを効率的に活用するという観点だけではなく、自分の得意や専門性を再認識することにも繋がりました。」
スクール修了後は、古民家ゲストハウスのリノベーションや、内装木質化を推進する土着ベンチャー企業と共に観光案内所の内装設計などを行ないがらも、自治体や商工会などの地域団体のプロジェクト企画制作も行うようにもなったりと、活動の幅を拡大させている柳原さん。
「新しいプロジェクトが始まったときには、この人にこれを頼んでみようかな、と積極的に声をかけるようになりました。関わりを持っていただくことで、活動の内容についても理解してくださり、そこから新しい繋がりが生まれています。職業は変わりませんが、仕事の仕方は変化しつつあるように感じます。」

グループプロジェクトの継続と、北秋田でのこれから

2017年9月には「大ちがいな3人」と題し、地域の方々にプロジェクトスクールの活動を報告する意味を込めて、スクールのメンバーとともに、グループプロジェクトの発展版の企画を北秋田で開催。メンバーとはこれからも仕事を一緒にしたり、出展することを計画されているようです。
「スクールで培ったことの一つに、『プロジェクトの最終目的地はどこなのか、関わる人たちとしっかり共有する』が挙げられます。地域では、作るもののイメージはあっても、それが何のため・誰のために存在するのか議論がされないままのことが多いので、コンセプトを一緒に作ることの重要性に気づき、仕事に活かすようになりました。引き続き、地域に根をはりながら、よそ者視点を忘れず、外と内とのハブの役割を務められればと考えています。」

職能と経験を生かして、自治体・企業等とのプロジェクト連携を多数展開

  • 森吉山麓ゲストハウス「ORIYAMAKE」のリノベーション設計。
  • 秋田内陸縦貫鉄道の地域活性化企画「夢列車プロジェクト」にデザイナーとして参画。
    来年4月車両完成予定。
  • 自治体・商工会との協働による町コン企画「きたあきたから」企画制作。
    来年は移住ツアーを実施予定。
  • 観光案内所をリニューアルした内装木質化プロジェクト(設計に従事)では
    「ウッドデザイン賞2017」に入賞。
  • プロジェクトスクール@3331のグループプロジェクトの発展版を北秋田で開催。
    (「大ちがいな3人」)

1期生

青木 彬

(インディペンデント・キュレーター)

BEFORE インディペンデントに様々な企画に参加/他分野とのコラボレーションを模索

AFTER 「ビジネス視点を意識することで活動を継続・拡大し、職業として成り立たせていく。決心のきっかけになったと考えています。」

インディペンデント・キュレーターという肩書きを確立するために

公共施設のスタッフとして3年半務めた後、立ち上げたオルタナティブスペースやその他の場所での展覧会に携わる傍ら、アートNPOで仕事をしていた青木さん。
「『インディペンデント・キュレーター』という肩書きとともに、これから活動にドライブをかけていこう、そんなタイミングでプロジェクトスクール@3331を知りました。自分の興味関心を専門性に繋げること、またアート業界の中でインディペンデントな立場で活動を続けていくため、アーティストや鑑賞者、関わる人、地域との対話の中で道を切り開くこと。自分の中でのこうしたテーマについて、著名な講師陣の講義を受ける中でヒントを得ることができればと考えていました。」

ビジネス視点を持って、「価値」を把握し活動を実施する

スクールを通じた生活や職業観への変化については、「ビジネス視点でシビアに考えるようになった」と即答。
「面白いね、何かやってよ!というお声がけをいただくことは多いのですが、そこから始まるプロジェクトをどのように価値に変えるかが課題でした。収益をあげるということはもちろん、例えばこれはPRのため、実績づくりのため、などと価値の整理をしながら、戦略的に活動を展開していくというビジネス視点は、スクールがきっかけで強く意識するようになったと思います。『インディペンデント・キュレーター』として名乗って、しっかりやっていくんだという気持ちをより一層固いものにするきっかけになったと思います。」

アートの立場から様々な領域にアプローチ

スクール修了後、墨田区の助成を得て実施した「ライター・イン・レジデンス」企画、講師である馬場正尊さんの運営する「StarLab」でのイベント、自身のスペースでのアートブックマーケットの開催など精力的に活動を続けている青木さん。
「これからは、僕自身が実施しているアートの活動を、うまく他の領域に展開していきたいと思います。特に今、墨田にスペースを構えていることもあるので、墨田のまちづくりの文脈の中で、僕とアートの果たせる役割を模索していきたいです。プロジェクトスクールの“領域を横断する”というテーマに繋がる部分も大いにあるなと思います。墨田でまちの人とともに色々な取り組みを続ける中で、自分ができることのメニューを増やしたり、手法を磨いたりできたらいいですね。」

関心のあるテーマに基づき、他分野とのコラボレーション企画を精力的に実施

  • ライター・イン・レジデンス企画「墨東日記」(2017年度墨田区「隅田川 森羅万象 墨に夢」採択)の実施。
  • 「黄金町バザール2017 -Double Façade 他者と出会うための複数の方法」(横浜市)アシスタント・キュレーター、
    「鉄工島FES」(大田区)参加企画として展覧会をキュレーション。
  • 自主運営するオルタナティブスペースspiidでの「SUMIDA ART BOOK MARKET」の開催。
  • 「RePUBLIC CARAVAN vol.11 ~アートとパブリックの関係~」へのトーク登壇。(主催:公共R不動産)

1期生

大竹 暁

(映像ディレクター/株式会社こどもシネマ)

BEFORE フリーランスな働き方を維持しつつ、夢だったワークショップの運営を模索

AFTER 「仕事の時間とプロジェクトの時間。2つの時間軸を持ちながら、だんだんと1つに収束できるよう、行動し続けたいと思います。」

スクールで得た「気づき」と「仲間」とともに、法人化に一歩踏み出す

面接の時から、実現したいプロジェクトを明確に掲げていた大竹さん。修了後、会社を立ち上げ、現在『株式会社こどもシネマ』の代表取締役として、映像制作や子どもを対象とした映像ワークショップを行なっています。ワークショップの開催にあたっては、同じグループだったメンバーの高仲さん(デザイナー)に協力してもらっているそうです。
「デザイン業務の依頼だけでなく、事業内容のブレーンストーミングに付き合ってもらうなど、事業を進めていく仲間ができたことは非常に大きな収穫です。」

まずは行動に移す、こだわりを持って形にする

「今まで自分のアウトプットといえばテレビ番組の制作でしたが、スクールでは初めて展示(「Tokyo Ojisan Collection」)を行いました。未経験の領域でも、取り組んでみると、意外と自分が力を発揮できる部分もあることに気づきました。こうした感覚のあるうちに行動すべきだと思ったことも、法人化に踏み切った背景の一つです。また、普段組まないメンバーとの協働で重要になったのは、コンセプトの言語化です。グループワークでは、苦しい時間もありましたが、立ち戻れる場所をしっかり作ったことで、こだわりを捨てることなく、納得して終わることができました。こうした体験は現在の仕事にも活きていると思います。」

「こどもシネマ」の活動の継続と今後の展望

 2017年11月には品川区の小学生を対象に『映像ワークショップ@品川宿』を開催。これを機に学校やPTAの方からの更なるワークショプの要望も上がってきているそうです。
 「現在は、TV番組を作るという“仕事”の時間と、こども映像ワークショップという”プロジェクト”の時間、2つの時間軸を同時に走らせていますが、ゆくゆくはプロジェクトをしっかり収益化して仕事にしていきたいと強く思っています。学校での取り組みも、先々に広がりを持たせるという意味で、継続して取り組んでいくつもりです。」
 今後の展望について伺ってみると、「東京2020オリンピック・パラリンピックで、プレス席に『こどもクルー』を連れていくこと!」と、非常に夢のある答えが返ってきました。
「2020年までまで、あまり時間が無いので、本格的に始動しようと思います。プロジェクトスクールを経て『発信しないことには辿り着かない』という気付きを得ました。夢に向かって動き始めたいと思います。」

こども映像制作ワークショップのプロジェクトを本格展開すべく法人化を実現

  • スクール修了後、フリーランスから法人化を実現。
  • 会社の非営利事業として、以下のワークショップを開催。将来的な収益化のため、活動の拡大を計画中
    「こどもシネマフェス★キッズディレクターになろう!」(8月20日/IID世田谷ものづくり学校)/
    映像ワークショップ品川宿(11月3日・4日/第1回ドキュ・メメント映画祭関連事業)

1期生

田中 葵

(歌手/歌学実験室、デジタルアート制作会社)

BEFORE 合唱の楽しさを次世代の子供たちに伝える合唱団を将来設立したいと希望

AFTER 「どんなプロジェクトにも『はじまり』がある。はじめることのハードルが下がり、ビジョンの実現に向けて一歩踏み出しました。」

まずは『はじめて』みる

デジタルアート制作会社で働くかたわら、「葵花(Aoi)」として歌手活動を行なっていた田中さん。「新しい合唱の価値観を広めていきたい」という強い思いをもって、プロジェクトスクールに応募されました。
「受講期間は、自分の中で、また周りの人への意思表示の意味でも、『自分のプロジェクトをブラッシュアップし、やりたいことを形にするための3ヶ月』と決めて、スクールに臨みました。様々な業界で活躍されている講師の方々も必ずはじまりがあって、そのお話を直接聴けたことで、はじめることへのハードルが一気に下がりました。スクール修了後、『歌学実験室(カガクジッケンシツ)』を立ち上げ、歌・音・合唱をテーマにしたワークショップの開催などを行なっています。」

自分の周りの環境を再確認

グループプロジェクトでは、意思疎通や価値観のすり合わせの難しさを実感するシーンが多々あったそうです。
「裏を返せば、日頃自分はそこにフラストレーションを感じることなく仕事や生活を送ることができていたということなので、周りの方に対する感謝の気持ちが生まれました。仕事のモチベーションも上がり、社内の新しいプロジェクトにも参画するなど、自分の置かれている環境をもっと活用していこうという気概が芽生えたと思います。また、『歌学実験室』を通じて、どんな人たちとどんな世界を実現したいかを考える上でも、チームビルディングの面で参考になる体験でした。

行動し続けることで、未来を切り開く

2017年5月には「木で音符を作ろう!」「声を使ったデジタルアート体験!」「音をみつけて曲をつくろう!」、7月には書道家とのコラボレーションで「風鈴づくりワークショップ」、プロジェクトスクール@3331の1期生の音楽家の方と一緒に曲作りを行うなど、精力的に活動をされている田中さん。「ちゃんと発信をすれば、興味のある方と繋がることができることが実感できた」そうです。
「これからは発信のすべの一つとして、フリーペーパーの作成なども行なっていきたいと考えています。また、プロジェクトをさらに拡げていくために、近い将来、法人化も視野に入れています。迷ったり悩んだりすることがあっても、自分は必ず『合唱』に立ち戻ります。このテーマがあるのは自分の強みと言えるかもしれません。実現したい未来を切り開くために、行動し続けようと思います。」

「新しい合唱の潮流を作る」夢の実現に向けて、団体を発足

  • 「声を使ったデジタルアート体験!」(5月13日)、「音をみつけて曲をつくろう!」(5月20日) など、合唱と他ジャンルのコラボレーションによるワークショップ企画の開催。
  • プロジェクトスクール@3331の同期生とのアーカイブプロジェクト「二人の車内から」企画の発足。

1期生

岡部 宇洋

(フリーランス)

BEFORE 興味の赴くままのプロジェクト参加から、自ら立ち上げる活動を始めた途上

AFTER 「目指すは総合プロデューサー。気づきを追求して自分の中に立ち上がるものをベースに、人とまちと文化と関わる事業を展開していきたいです。」

自分を突き動かすのは、自分の気づき

2年半前に大手建設会社を退職後、スクール応募当時はすでにフリーランスとして各地の様々なプロジェクトに参画していた岡部さん。 「フリーランスとして仕事をしていくのはそう容易いものではありません。講義の中でも都市地域再生プロデューサーの清水義次さんが『営業とお金から逃げちゃいけない』とおっしゃっていましたが、まさにその通りです。自分が本当にやりたいこと、お金を稼ぐために必要なこと、実績のためには必要かもしれないという義務感が後押しして行うこと、これらは時に、優先順位がわからなくなってしまいがちです。プロジェクトスクール@3331を通じて得た最たる学びは、『気づき』の重要性です。自分が気づき、感じたことから立ち上がってきたものでなければ続けられないと改めて思いました。自らの気づきを重んじるという思考のフレームを手に入れたことで、それぞれの仕事に対する動機付けが明確になったと感じています。」

芸術祭の現場に飛び込む

この秋に初開催された「かけがわ茶エンナーレ」(静岡県掛川市/2017年10月21日〜11月19日)では、芸術祭全体の運営補助や、製茶工場内をプロジェクションマッピングで彩りパフォーマンスを行う「TIMEEMIT LIVE」のプロデュース兼出演、このほかアートと茶道をコラボさせたパフォーマンスやワークショップを開催。「いつかは総合プロデューサーを目指します」と力強く語ってくれました。

人とまちにプロジェクトを通じてはたらきかける

このほか、独立して最初に仕事をした品川宿では、地域との繋がりが広がり、ゲストハウスの立ち上げに参画したり、日本茶スタンドをリノベーションして作る計画も進行中。また、品川宿との繋がりで、北海道・津別町のエリアリノベーションにも携わることになり、全国に活動域が広がっています。 「この人を、このまちを、どうにかしたい!彼らと、この場所と、関わりを持ち続けたい!という気持ちがあり、プロジェクトはその手段とも言えます。情のはたらくプロジェクトと出会いたいし、自分自身で生み出して行きたいですね。」

芸術祭への参画や地域のリノベーションプロジェクトの立ち上げなど活動を拡大

  • 「かけがわ茶エンナーレ」における実行委員会運営サポート及び「TIMEEMIT LIVE」「炭のアート茶会」「うつろう光の茶会」のプロデュース・出演。
  • 北海道・津別町にて「道東エリアリノベーションプロジェクトin津別」の企画制作に従事。
  • ライフワークである茶道のプロジェクト「Tea of the Men」の活動拡大